• ホーム
  • 銭湯に行ったら水虫に罹ってしまった!原因は?

銭湯に行ったら水虫に罹ってしまった!原因は?

きれいな脚

銭湯やサウナ・スポーツジムなどの不特定多数の人が利用する施設に行くと、水虫に罹患してしまったという人が多くいます。不特定多数の人が大勢使用する施設の場合、足ふきマットや公共スリッパなどに白癬菌がいることが多いです。施設の中にはきちんと除菌して水虫対策を行っているところもありますが、きちんと対策していないところもあるので注意が必要です。自分でできる対策として銭湯やスポーツジムなどのシャワーを利用した場合、きちんと水気をふき取ったり十分足を乾かしてから靴や靴下を履くことをおすすめします。お風呂上りにすぐ靴下や靴をはいて家に帰ってしまうと、白癬菌を家庭に持ち帰ってしまうケースがあるでしょう。足を乾かす時間がないなら、自宅に帰ってからすぐ足を洗うことをおすすめします。ゴシゴシ強く洗うのは禁物で、なでるようにきれいに洗うことが大切です。家に帰ったら水虫の薬をすぐに足全体につけるのも良いです。他人の家にむやみに入らないことも大切で、他人の家に入った場合は自宅に帰ったらすぐ足を洗ったり、薬をつけると白癬菌を自宅に持ち込むことを予防することができます。

水虫にはいろいろな原因がありますが、公共スリッパや銭湯などのマットから罹患する人が多いと言われています。白癬菌は空気感染することがないので、空気中の白癬菌を吸ったとしても内臓において増殖したり病気になる心配がありません。水虫を持っている人の足と直接触れたとしてもすぐに感染することはなく、白癬菌が皮膚表面に24時間以上付着したままで高温・多湿の環境にあると感染する可能性が高くなる仕組みです。例えばスポーツジムや銭湯、プールやヨガスタジオなどの不特定多数の大勢の人が裸足で歩く場所では感染しやすくなっています。特に足拭きマットや公共スリッパなどに落ちている真菌が足に付着し感染するので注意が必要です。自分できちんと除菌したり、共有のものを利用する際には注意しましょう。靴下を履いていても罹患する人がいるので安心できません。感染する機会が減りますが、目の粗い靴下の場合は繊維の間から菌が簡単に出入りするので感染するかもしれません。帰宅した後すぐ足を洗ったりよく拭けば感染するリスクを下げることができますが、長時間真菌が付着していると感染する可能性が増していきます。

水虫に感染する原因はいろいろですが、いくつか予防するポイントがあります。例えば自宅に帰ったら足を洗う習慣をつけたり、足の指の間まできれいに石鹸でよく洗うことで予防することが可能です。足をよく乾燥させたり、高温・多湿が菌の大好きな環境になるので日頃から乾燥が大切です。通気性の良い靴を選び何足か交互に履き、時々陰干しして湿気を除去しましょう。靴下を毎日取り替え、水虫を防ぐには足の状態を清潔に維持することが大切です。バスマットやスリッパを家族とは別にしたり、家族に水虫の人がいたらうつらないよう工夫しなければいけません。まめに床掃除をすることが大切で、水虫の人がいる家庭の場合は部屋のほこりの中に菌がいることが多くです。