• ホーム
  • 水虫にオススメの靴下ってある?

水虫にオススメの靴下ってある?

水虫対策にいろいろな商品が販売されていますが、5本指の靴下がオススメです。対策にオススメの形状として、足の指が離れている5本指の靴下が有効で、5本指は足の指同士がくっついている通常の状態から指を分離することができます。それぞれの足の指を覆っているので、指同士を分離させることである程度汗を吸収することが可能です。高温・多湿になりやすい足を改善することが期待できます。水虫を他の指にうつすリスクを低下することができ、酷くならないよう予防することも期待することが可能です。いろいろな靴下がありますが中でも5本指がオススメで、足の環境改善に役立つことができるでしょう。水虫には綿の素材が良く綿は吸湿性が非常に高く、汗をかいても吸収するのが早いです。綿は通気性が高いので、白癬菌が繁殖しやすい高温・多湿な環境になりにくく、汗を吸収することができます。最近化学繊維でできた速乾性の高い機能性のある種類も販売されていて、いろいろな素材を選択することができるでしょう。原因である白癬菌は高温・多湿の環境を好むので、足の指を分離したり乾燥した状態にするのが効果的です。水虫の予防や改善などに効果的で、靴下を履くなら5本指で綿が最適でしょう。

家族が水虫になったが靴下を履いていると移らなかったり、水虫の人の自宅に遊びに行く時は靴下を履くと大丈夫など疑問に思っている人がいるでしょう。一般的に靴下では予防することはできず、素足でいるより付着する白癬菌の数が減りますがあまり効果はありません。靴下の網目によって白癬菌を完全に予防することはできないからです。水虫感染を防ぐには、靴下よりも自分専用のスリッパが効果的です。原因菌である白癬菌はどこにでも存在しているので、毎日きちんと足を洗ったり清潔に維持することによって水虫のリスクを減らすことができます。白癬菌が感染した場合は足の奥深くまで根をはるので、きちんと治療することは難しく時間がかかります。水虫の人が家族にいると白癬菌が付いたものと一緒に洗濯するが大丈夫なのかと疑問に思う人もいるでしょう。基本的に一緒に洗濯しても大丈夫で、白癬菌は洗濯で洗い流すことが可能です。白癬菌は繊維に根を張ることができないので、洗い流されることになります。洗い流せると聞いて心配な人は漂白剤を併用すると良いでしょう。漂白剤の殺菌作用におり白癬菌を殺菌することができ、白癬菌は紫外線や乾燥などに弱いので天日干しすると効果的です。足は不潔になりやすいので白癬菌の好きな環境になりがちです。入浴で足をきれいに洗い、ついつい忘れやすい指や指の間も丁寧に石鹸で洗うよう心がけます。傷をつけると白癬菌が入りやすいので注意が必要です。家族に感染している人がいると、足ふきマットや共用スリッパから感染することが多いです。頻繁に洗ったり乾燥させて使用するのが大切で、床や畳などの掃除もこまめに行いましょう。