• ホーム
  • 夏は要注意!水虫は子どもにも感染する

夏は要注意!水虫は子どもにも感染する

水虫は白癬菌の感染症で、菌が繁殖して起こるより白癬菌によるアレルギー症状から水虫になる仕組みです。水虫になると足の皮がむけたりカサカサし、足の裏から側面において小さな水疱などができるでしょう。症状と一緒にかゆみが生じたり、子どもがかかることもあるので注意が必要です。子どもがかかると赤く腫れたり水ぶくれができ、激しい症状が出てしまうケースがあります。子どもは免疫反応が強く出るので、アレルギー症状が強くなる傾向があります。感染した期間が長くなると体が白癬菌に慣れてしまうので症状が弱くなることもありますが、慢性化した場合水疱を作ったり、皮が厚くなり封じ込めようとします。

注意しなければいけない感染経路として、プールやペット・習い事などがあげられます。高温・多湿の環境を好み繁殖するので、主にプールなどの水場での感染が多いです。プールや銭湯・レジャーランドといった多くの人が利用する施設には注意が必要で、家族において水虫に感染している人がいるとお風呂の足拭きマットからもうつってしまいます。子どもは免疫反応が強いので、赤くなるなど激しい症状が出るので注意が必要です。不特定多数の人が利用するプールの足拭きマットは危険で、水虫菌がついていることが多いので感染するリスクも高いです。柔道や空手といった裸足で行う習い事を行っているとうつりやすく、靴を履いて激しい動作を行ったり長時間走り回るようなサッカーなどのスポーツにも注意が必要です。靴の中が蒸れやすくなっていて、水虫にかかりやすいケースがあります。

いろいろな感染経路があり、ペットからの感染にも注意が必要です。ペットを触っていると感染することもあり、ペットを触った後はきれいに手足を洗うようにしましょう。いろいろな種類のものがあり、かゆみはなくカサカサしたりフケのようなものが現れるものあります。他人との接触があるような競技をしていると流行していることが多く、家族の誰かがこのようなスポーツをしているときちんとした対策を行うことが大切です。子どもを水虫から守るにはいろいろな対策があります。菌が皮膚に入り込むまで半日~1日かかると言われているので、菌が皮膚に入る前に洗い流すことが大切です。プールや銭湯などのような感染するリスクが高い場所に行った場合、帰宅した後すぐ洗い流すなどの対策を行って感染のリスクをできるだけ減らしましょう。もし家族が水虫にかかっているなら、家族をきちんと治療することが大切です。完治するまで一人ひとり別のマットを使ったり、菌と接触しないようにすることが大事です。靴の中で皮膚が蒸れると水虫になりやすく、靴はできるだけ通気性の良いものを選ぶことをおすすめします。夏場はサンダルを履くことが多いですが、ビーチサンダルといったゴム底のものは通気性が悪いので避けおく方が無難です。できるだけ靴下を履いたり、何足か靴を用意しローテーションで履くと効果的です。