• ホーム
  • ミコゲルクリームは財布にも優しい水虫治療薬

ミコゲルクリームは財布にも優しい水虫治療薬

女性の脚と花

ミコゲルクリームは水虫やカンジダ症・癜風などの治療に利用されている抗真菌薬です。先発品であるフロリードDクリームのジェネリック医薬品で、有効成分は同じミコナゾールが含まれています。1本に15gのクリームがあり、先発薬であるフロリードDクリームの1.5倍の量になっています。シプラ社から製造・販売されていて、白癬や皮膚カンジダなどに効果があるのが特徴的です。ミコゲルクリームはミコナゾール硝酸塩やフルオシノロンと呼ばれている有効成分が含まれていて、ミコナゾール硝酸塩はアゾール系抗真菌薬の一種です。皮膚や粘膜などの真菌症に適用することができ、有効成分が菌を阻害することができます。他のアゾール系抗真菌薬と同じく、真菌の細胞膜に含まれているエルゴステロール生合成を阻害することが可能です。先発薬の1.5倍のクリームになっているので、長く使えるジェネリックタイプです。大容量になっているので、長期になる水虫治療に余裕を持って利用することができます。水虫と併発しやすい不快なニオイの解消に役立つことができ、大容量且つリーズナブルな価格で購入することが可能です。

ミコゲルクリームはかゆみや水ぶくれなどの症状を起こす足の足白癬の治療に有効的な抗真菌薬です。フロリードDクリームのジェネリックで、有効成分であるミコナゾールを利用し1日2~3回塗布することで白癬菌を殺菌することができます。クリームの効果は白癬菌を含んだ真菌に対して作用し、水虫と同じ真菌感染症になるカンジダ菌や癜風菌の殺菌にも高い効果を発揮するのが特徴です。水虫と併発しやすい足のニオイの解消にも役立ち、ニオイは水虫症状の一種だとされていますが実は足に常在する菌が原因で発生し、抗真菌薬を利用したとしても白癬菌を除去できてもニオイを解消するのは難しいです。しかしミコゲルクリームは真菌感染症と不快なニオイに悩んでいる人が治療するのに最適な抗真菌薬で、ニオイを発生させる細菌も効果を発揮します。副作用が少なく安心して利用することができ、コゲルクリームは1本15gで、先発薬のフロリードDクリームは1本10gなので1.5倍増量しています。大容量なので長期にわたって治療することになる水虫に対して有益です。内容量が増えているので、先発薬より長く治療に使用することができるでしょう。ミコゲルクリームは白癬菌やカンジダなどの真菌の除去に最適な医薬品で、毎日患部に直接塗布することによって肌に潜んでいる真菌活動を阻害し除去することが可能です。クリームによる真菌除去は2~4週間ほどで完了しますが、かゆみや水ぶくれといった自覚症状は塗り始めてから1週間で消失することもあります。症状が治まったとしても真菌の除去が完了するまで、決められた期間の間塗り続けなければいけません。副作用がほとんどないので安心して使用することができ、短期間において不快な症状を改善することができます。