• ホーム
  • ハイテク!水虫はレーザーでも治療できる

ハイテク!水虫はレーザーでも治療できる

水虫の足裏

爪白癬はカビの一種である白癬菌が爪に感染すると、爪が肥厚したり白濁し剥離するなどの難治症の疾患です。有効的なものとして抗真菌薬の内服や外用療法などがよく用いられています。しかし完治することが100%ではないので、飲み薬や塗り薬を利用しても不快な症状が続くという人もいるでしょう。中には持病の関係で飲み薬を内服できない人もいて、そのような場合はレーザー照射治療がおすすめです。レーザー照射治療にはいろいろなメリットがあり、爪にレーザー照射することによって温熱効果で爪白癬などを蒸散させたり殺菌治療を行うことができます。一般的にレーザー時間は2~3分と非常に短く、麻酔なども使わないので安全性の高い治療です。通院回数として1ヶ月に1回ペースで照射を受け、爪が生え変わる6~10ヶ月間続けていきます。併用禁忌なしで利用することができ、飲み薬を内服できない人が多く利用している方法です。内服薬では治療効果がなかったり、薬を服用したくない人にも人気があり、妊娠を希望している人にも有効な方法でしょう。レーザー照射による副作用として照射部の熱感があったり、炎症性色素沈着などがあげられますがほとんど見られません。

併用禁忌なしや短時間で施術を受けられるというメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。例えば通院回数が多くなったり、保険が適用されないので費用が全額負担になるでしょう。通院回数はだいたい1年ぐらいになるので時間がかかったり、通院するのに交通費などの費用もかかります。レーザー照射を利用したとしても人によっては完治することは100%ではないので、レーザー照射に関するメリットとデメリットなどを把握してから利用することをおすすめします。一般的に塗り薬や飲み薬では水虫を除去できなかった人が利用する方法です。基本的に爪水虫の治療は時間がかかるもので、爪が完全に生え変わるのに手の場合は6ヶ月必要で、足の場合は12ヶ月かかります。爪が生え変わるスピードには個人差もあり、一般的に根気よく治療しなければいけません。レーザー治療を受けたとも爪水虫が再発することはあり、いくつか日常生活で気をつけることがあります。肉眼では爪の改善が得られていても、菌が残っているケースが多いです。白癬菌は皮膚に24時間付いていることによって感染するので、毎日足はもちろん爪や足指の間を洗ったり、再発したり再感染を防止することが大切です。レーザーを利用して爪水虫を蒸散させ殺菌することで治療する方法で、全額負担になるのですが副作用がほとんどないので安心して利用することができます。1ヵ月1度のペースで数回の施術を行い、爪とその周辺の皮膚に対し丁寧にレーザーを照射していきます。レーザー効果によって病変部位を押し出すような感じで、新しく健康できれいな爪が成長してくるでしょう。なかなか治らない爪水虫になったら、医師に相談することによって最適な方法をアドバイスしてくれます。